SSブログ

熊に遭遇した時の対処法 [特ダネ]

昨今、空前の「登山ブーム」ですね。
老若男女問わず、山や森を訪れています。

ある童謡では「ある〜日、森の中、熊さんに
出会った[るんるん]」、なんて歌がありますが、実際は
そんなぬるいものではありません!

最近では、滋賀県の町内で女性が熊に襲われる
事件がありました。これはほんの一例ですが、
登山中、もしくは山菜採りの最中に熊に
襲われるなんて事件は毎年のように起こりますね。

「死んだふり」!が定説とされていますが、
果たしてその真相はどうなんでしょうか?

熊に出会った時の対処法についてまとめてみます。

熊と遭遇時の対応


①熊と遭遇しないこと
 
 まずはなんといっても遭遇しないようにすることです。
 熊が生息する地域は限られています。
 そんな山や森に入る時「熊鈴」をつける人が多ですね。


「熊鈴」の効果は実ははっきりしたものはないそうです。
 むしろ、うるさいとのことで登山やハイカーに嫌われています。
 また、ヒグマ(北海道のみ生息)には逆効果だそうです。

 つまり、熊と遭遇しないためには、「行かない」それしか
 ないですね。特に「春」「秋」は危険です。

 

スポンサーリンク



②熊と遭遇したら
 
 基本的に本州に生息する「ツキノワグマ」を対象にします。
 ※ヒグマは別格、確実にやられます。

 まず、大前提として、熊は人間を恐れ、
 熊も人とは会いたくないそうです。
 
 本来なら草食動物に近い雑食動物です。そのため、
 理由もなく人を襲ったりしないのです。
 ※再度言いますが、ヒグマは別格、確実にやられます。

 私たちの存在がわかれば基本的には逃げてくれます。
 なので賑やかにしている、「熊鈴」をつける(賛否両論)
 などが効果を奏す可能性がある理由がここです。

 熊と遭遇するのは大抵は単独行動の人です。
 また、出会い頭に遭遇するなんてことも多いようです。

 さて、もし遭遇してしまったらどうしよう。
 
 まず第一に必要以上に熊を興奮させないことです。
 大声を出したり、急に走り出したりするのは、
 熊もパニックに陥り、自己防衛的に襲ってくることが
 あります。(時速50〜60km/hで走ると言われています)

 木に登るなどは熊の得意分野で逆効果。
 「死んだふり」はそんな度胸ないし、いじくり
 まわされたら動いちゃうし、これも逆効果。
 
 一番良いのは黙って後ずさりをし、  その場を離れること。決して視線をはずして
 背を向けて走ってはいけないようです。

 
③それでも熊に襲われたら

 1)熊スプレーを持参する
   唐辛子エキスで熊の攻撃力を奪うそうです。
   噴射距離は10mの優れもの。
   風下で自爆の恐れもあるので使用時は要注意です。

 2)頚動脈を抑えてうつ伏せで耐える
   致命傷をかわすための作戦です。頭と首、
   それと腹部をしっかりと防衛する必要があります。
   熊の攻撃は1分程度と言われているため、
   これを凌ぎきるしかないのです。

実際に襲われるか、襲われないかは、
その時の熊の状況によっても違い
はっきり言って「運」としか言えないでしょう!

「熊に合わない」→「山に行かない」最大の防衛策です。


スポンサーリンク



まとめ


熊と遭遇した時の対処法などをまとめてみました。
ただ、どれもこれも確実に効くものでもなく、
また、そのようなパニック状態で実際に実行できるかも
わかりませんね。

興味本位で写真を撮ったり、近づいたりはしないように
注意しないといけないですね!

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます